勘違いから僕が客であるにも関わらず高飛車な態度で罵ってきた女にミスを認めさせ性的謝罪を要求した結果

その他

誰にでも勘違いはあるもの。今回はそんな勘違いが生んだラッキースケベな話です。
ある事情で店側の女性を勘違いさせ、怒らせてしまった僕。
もともと傲慢で高飛車なのか、感情に身を任せ僕が客であることを忘れて罵ってくる女店員。
後に僕の無実が証明され、謝罪を要求すると女店員はそれでも自分のミスを認めたくないのか、終始ツンツンとした態度でいた。
その態度にイラッときた僕は冤罪を武器にさらに性的な謝罪を要求することに。
店側もこれ以上大事にはしたくないのかこれを承諾するが、当の女店員はそれも気に入らない様子で僕が執拗に身体を触るも、ツンとした態度を変えることもなく耐えていた。
しかし下半身へ手を伸ばし始めるとその強気な顔にも我慢の限界が見え始め、ハァハァと吐息が漏れ始める。
そのまま欲求不満のチ●コを挿入してやると、口では感じていないと言いつつもビクビクと身体をよがらせるのだった。


僕を疑い侮辱した強気な職女にオマ○コおっぴろげ謝罪を要求!!犯してもツン顔でイキガマンし続ける意地張りSEX

この動画のレンタル/購入はコチラ!

スポンサーリンク
エロ動画イイじゃんそれ
タイトルとURLをコピーしました